最新情報

言語を選択 Languages

 

ゆるキャラ®グランプリ2017

今年は須坂にゆるキャラかんなちゃんの発端となったカンナのパネルを
須坂市に寄贈させていただきました。これもお願いしたのではなく、手を上げてくださったので寄贈させていただく事になったのです。カンナ・プロジェクトすべて謙虚に無我でたんたんと巡ってくる事をさせていただいています。すべてはあるがままに・・・たんたんと。そしてすべてに感謝です。

このパネル救出劇も本当に不思議な事人の優しさがなした事でした。ブログでお読みいただけたら幸いです。須坂市は、子どもたちの未来に繋ぐカンナのバトンとなっている球根を毎年ご提供くださっています。2007年須坂市仁礼街で出会った田辺さんとの出あいから始まりました。広島の子どもたちが癌を患った田辺さんに寄せてくれた優しさを私は生涯忘れません。そして奇跡を起こしたり・・・・。田辺さん亡き後、須坂市が「これからは田辺さんに替わって市が球根を送ります。」そう市長さんから言われたのがお葬式の時でしたから、どういう事か全く頭に入らずにいました。私の中では「田辺さんとのお別れ=カンナ・プロジェクトのお別れ」でした。その夜、東京へ帰る車まで見送りに来てくださった後継のご子息、当時まだ22〜3歳のご子息が「これからは父に替って僕がカンナを送ります」そう言ってくださったのです。帰路運転しながらこんな声を感じました。「橘さんよ、モンサンミッシェルなんてとういところにまで咲かせちゃって、面倒見きれねえよ(笑)空から見守ってやるよ!^^」その時思いました。「そうか、田辺さんは、天国にカンナ街道を作っているんだ!カンナに関わってくれた人たちは亡くなったらみんな天国の真っ赤なカンナ街道を目指して行けばまた、天国で再会できるんだ!」そう思いました。当時の私の心配事は、私を応援してくださる方々がみなさん90歳というようなご年齢の方々でした。いつかお別れがくるという事が私には本当に耐えがたい事でした。この事が心配でした。でも、「この天国のカンナ街道で再会ができる」そう感じました。天国での再会。そう信じる事にしました。翌1月、最高齢のMさんがなくなりました。3月には廿日市役所のカンナに毎朝水やりをしてくださったカンナ大使さんがなくなりました。みなさん戦争を体験された方々です。今頃は天国で3人でカンナを咲かせてくださっている事と思います。そして地球の平和を見守っていてくださっていると感じます。
すべてはあるがままに・・・たんたんと。そしてすべてに感謝です。


グランプリ投票はこちらです

http://www.yurugp.jp/vote/detail.php?id=00002365

.

.

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

「広島原爆資料館のリニューアルにともない、解体処分される焦土に咲いたカンナ助けられる」

 原爆からわずか1カ月で咲いて人々に「生きられる」をくれたりカンナの写真が7月22日、リニューアル解体工事で無残に取り壊されるところを、カンナ・プロジェクトの機転と、そこに賛同した3人の有志の救出劇により、無傷でとりはずされて第2の居場所を長野県須坂市が手を挙げたことにより、生き残りを果たしました。
 
この救出劇には、当初は、無理と言っていた平和推進課も、大いなる尽力の末の異例のできごと。カンナの数奇な運命は、ギリギリのところで守られ72年年目の誕生日を迎えます。
 
救出劇はこちら
➡︎ http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12288562537.html
続カンナのパネル写真救出劇
➡︎ http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12291878712.html
続続カンナの写真救出から寄贈・展示まで

.➡︎

.

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

日本中のみんなが参加する東京オリパラに!
『カンナ子ども夢プラン』はみんなが参加できるオリパラをめざしています‼︎
カンナ・バンクに登録した『あなたが育てた真っ赤なカンナ』
で会場をうめつくしましょう*\(^o^)/*

詳しい内容は、カンナ・バンク登録(広島里親登録含む)でご覧ください。

.

現在参加者が50人を超えています。
第一次は締め切りましたが、駆け込み募集を行います。締め切りは6月10日です。

.

.

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

This Homepage is produced by Canna Project World Supporting Team HK.

QR Code - Canna Project

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~