DIARY

言語を選択 Languages

.

【2017年8月14日更新】

.

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

「広島原爆資料館のリニューアルにともない、解体処分される焦土に咲いたカンナ助けられる」

 原爆からわずか1カ月で咲いて人々に「生きられる」をくれたりカンナの写真が7月22日、リニューアル解体工事で無残に取り壊されるところを、カンナ・プロジェクトの機転と、そこに賛同した3人の有志の救出劇により、無傷でとりはずされて第2の居場所を長野県須坂市が手を挙げたことにより、生き残りを果たしました。

この救出劇には、当初は、無理と言っていた平和推進課も、大いなる尽力の末の異例のできごと。カンナの数奇な運命は、ギリギリのところで守られ72年年目の誕生日を迎えます。
 
救出劇はこちら↓↓↓

2017年7月1日 原爆資料館取り壊しカンナの写真救出劇
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12288562537.html

2017年7月12日 続カンナのパネル写真救出劇
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12291878712.html

2017年7月31日 続続カンナの写真救出から寄贈・展示まで
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12297171940.html

.

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

カンナリレー@広島2017
(アメブロでご報告)

ぜひご覧ください

5月25日 広島カンナ・プロジェクト2017始動します
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12281614579.html

5月24日広島カンナ・プロジェクト準備
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12281623848.html

5月26日 広島カンナ・プロジェクト大州小
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12281630064.html

5月26日安田小カンナ・プロジェクト
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12281632192.html

5月26日 安田幼稚園カンナ・プロジェクト
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12281646614.html

5月26日 原爆資料館リニューアルへ1
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12281668876.html

5月26日 原爆資料館リニューアルへ2
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12281719224.html

5月27日 広島の自然の中に招かれて
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12281840220.html

5月27日奇跡が起きました
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12281885622.html

5月27日 奇跡の再会のご縁のNさん
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12281896459.html

5月28日地域と野球部の生徒さんたちと植栽
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12281915591.html

.

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

カンナリレー@福島2017
(アメブロでご報告)

ぜひご覧ください

5月22日カンナ・プロジェクト福島地域に咲く
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12281603390.html

5月23日カンナ・プロジェクト福島 学校
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12281605201.html

5月23日カンナ・プロジェクト福島 2日目
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12281608434.html

.

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

カンナリレー@須坂2017
(アメブロでご報告)

ぜひご覧ください

2017.5.20早朝 須坂植栽参加
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12281277104.html

2017年5月20日  新聞いただきました
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12281279134.html

2017年5月20日かんなちゃんバス
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12281281985.html

5月20日 お墓まいり
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12281298113.html

5月21日  次世代につなぐプロジェクト①
次世代につなぐプロジェクト

初めてのクラウドファンディングによるカンナ・プロジェクト

今まで寄付を呼びかける勇気度胸がなく
自費でバトンを繋ぎ講演するカンナリレーでした
2013年に広島段原小学校で生まれた「カンナ子ども夢プラン」東京オリパラで世界にもバトンしたカンナを咲かせたい!
これを叶えるために高校生を育てました
3年の時が過ぎ大学生となった2016年春
「カンナ・P次世代プロジェクト」を立ち上げました

「私たちが小学生の夢を実現させよう!」
お姉さんたちが立ち上がってくれました
それがこのクラウドファンディングによるイベントです

その第1回が21日12時から15時30分まで
長野県須坂市梨の木地域の皆様のご賛同ご協力のもと
地域の学校や保育園のこどもたちも参加しての
一大イベントとなりました

かんなちゃんも参加してくれました
まず梨の木カンナ街道での植栽です
梨の木の会長さんのご挨拶

カンナ・P代表の挨拶

暑い日でした 120人で 300株近く植えました

公民館に場所を移してバーベキューです
梨の木のみなさんが暑い中汗だくでお肉を焼いてくださいました
本当にお疲れ様です 
郷土料理のひんのべ風豚汁やおやきも用意してくださいました
美味しいお昼ご飯を
須坂の皆さんとカンナ・Pからの参加者が一緒にいただきました
お腹がいっぱいになったところで
須坂の太鼓の会の皆さんが演奏を披露してくださいまし

須坂の子どもたちも演奏しました

東京近郊からの参加者にも体験させてくださいました

こちらからは『Go!Go!かんなちゃん』の歌とダンスの披露です
作って下さったバンドのみなさんが駆けつけてくださいました
みんなで踊りました

びっくり!!
かんなちゃんがまたまた来てくれました*\(^o^)/*

さあいよいよカンナのプレゼンです
次世代の子どもたちが描いた紙芝居でお話です

高校1年生2人が頑張りました
おさらいのためにクイズもしました

最後は皆で手をつないで「須坂の国」という歌を歌いました

「これからも東京オリパラに向けて10万株やりましょう!」
梨の木の中島会長の力強い握手でイベントを結びました
感謝感謝の初次世代プロジェクトでした。

 

5月21日  次世代につなぐプロジェクト②
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12281327697.html

5月21日  次世代につなぐプロジェクト須坂③

カンナミラクルご縁
不思議なご縁がありました
私の教え子のお母様のご実家が須坂でした
しかもピンポイントの偶然にも日野小学校の卒業生、、、、
び、び、びっくりです
というわけでご兄弟ご親戚が皆様ご参加下さいました
教え子のおばあさまは保育士で
お勤めの保育園にもバトンをつなぎたいとのこと
うれしい不思議なご縁が繋がりますね(*^o^*)
全員集合の写真は撮れませんでしたが

カンナミラクルご縁@須坂その2。この春、大阪から須坂に転勤の友人と夕食。福島のカンナ大使星さんも一緒して下さり人の輪が広がります。今度福島へもと(*^o^*)うれしいですね。さて、このSさん、なぜ須坂かとお聞きしたら、奥様のご実家が長野で、自然の中で子育てしたいことから長野の教員採用に挑み偶然にも須坂の、これまた偶然にも、翌日のイベントに参加してくださる日野小学校の卒業生のかよう中学校に赴任されたのです。びっくりです。やはりご縁は繋がりますね。須坂のM氏も途中から加わりとても有意義な食事会となりました。すっかり写真撮るのを忘れるほど話が弾み夜も更けていきました。本当に不思議ですね。

カンナご縁@須坂ミラクルご縁その3

大阪から須坂に転勤になった友人と待ち合わせての夕食。席に着こうとしたら遠くでこちらをご覧になって下さる方が、、、、。「えっ、えっ、た、たちばなさん??」と。2009年か2010年の私の講演にいらしてくださった方でした。トイレに立ち寄られたとのこと、非常に感激して下さいました。懐かしい再会の歓談となりました。翌日のイベントにもいらして下さいました。ありがとうございました。

5月21日  次世代につなぐプロジェクト須坂④新聞
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12281333867.html

5月21日 須坂〜福島へ
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12281361077.html

.

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

2004年から始めたカンナ・プロジェクトは思いがけない展開をしてまいりました。当時は全く知られていなかったこのカンナですが、今はたくさんの人に周知されてまいりました。これからは、この活動を次世代につなぐことを考えて3年間高校生、中学生を育ててまいりました。その子たちとともに、さらに小さい子どもたちの夢を実現するために「2020東京オリパラに、私たちがつないできたカンナのリレーをつなごう!」を始動させました。その様子を載せていきますのでお読みください。2017年は次世代につなぐカンナ・プロジェクトです。

2004年カンナとの出あい、2005〜周知活動開始、2008年〜子どもたちとつなぐカンナリレー、2010年〜世界にもつなぐカンナリレー、2011年〜被災地カンナリレー+カンナスマイル2013年〜カンナ子ども夢プラン実現、2014年〜東京オリパラにカンナを咲かせたい次世代プロジェクトに向けて教育事業開始、2016年〜次世代部門創設、2017年〜カンナ子ども夢プラン「東京オリパラにカンナを!」プロジェクト開始。

カンナ・プロジェクトは次世代にバトンをつなげるように頑張ります!

.

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

カンナ・プロジェクトのHPは記録として残すためのものでしたが、これからはタイムリーにDIARYとしての投稿もしていこうと思います。ぜひお読みいただけたら幸いです。

.

.

.

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

This Homepage is produced by Canna Project World Supporting Team HK.

QR Code - Canna Project

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

.