活動報告 2017

言語を選択 Languages

.

【2017年9月4日更新】

.

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

「焦土に咲いた真っ赤なカンナの写真パネル救出~寄贈まで」

広島市原爆資料館に展示してあった「焦土に咲いたカンナ」のパネルは、リニューアル工事に伴い廃棄処分になるところを「カンナ・プロジェクト」が処分から救い出し貰い受けました。行き先を募ったところ、須坂市に寄贈するご縁隣ました。
2017年6月22日広島を離れ26日須坂に到着しました。
ここにはいくつもの偶然の必然とそこに思いを馳せ合う人たちの心がありました。
物事にはストーリーがあります。そしてそこには「人」が存在しています。

その冊子には、たくさんの須坂の方も署名してくださったことも書きました。この救出劇を知っていただけたらきっとこの写真の秘めた意味がわかると思います。長いですが、ぜひお読みください。

このパネルのリレーはカンナ・プロジェクトの最たるリレーとなりました。270×160の巨大なパネルのバトンリレーの写真も載せています。ぜひご覧ください。

2017.6.22の広島解体工事野中の救出
トラックではるばる長野県須坂市へ高速は使いません
2017.6.26 無事須坂に到着しました

広島原爆資料館に報告 

救出後の報告のため原爆資料館館長を表敬訪問するカンナ・プロジェクト代表とカンナ・プロジェクト次世代チーム滋賀県代表関君(中学3年生)他、カンナ大使3名。資料館館長、副館長、平和推進課課長、市議会議院。

2017年8月6日平和祈念式典後の表敬訪問では、橘代表からの報告に続いて次世代チーム滋賀県代表関君のスピーチ、館長からのお礼のことばで報告会は無事に終了いたしました。

現在の「焦土に咲いたカンナ」
現在の原爆資料館東のデジタル化された写真です。
デジタル化して大きなテーブルに数十台のタプレットが埋め込まれています。そのトップ画面からカンナの写真の掲載があります。クリックしていくと詳細が読めます。

手前がタブレットです。

そのタブレットのトップ画面です。
廃墟からの復興をクリックすると下の写真です。

焦土に咲いたカンナがでてきます。
さらにクリックすると
さらにクリックすると
焦土に咲いた写真がでてきます。

この写真のパネルは東館のリニューアル後、2018年の本館オープンまでの間、無料スペースに少し小さなサイズで掲げられています。

2018年の全館リニューアルまでは、本館のミニ展示無料スペースにて、このサイズで掲載。それ以降は撤去の際には原爆資料館から橘凛保に譲られることに決定しました。

2017年5月まで広島原爆資料館に展示されていた救出したカンナのパネルは、カンナ・プロジェクトに寄贈され、現在は、長野県須坂市にカンナ・プロジェクトから寄贈させていただきました。メセナホールに展示されたパネルを埼玉県のカンナ大使さんが早速見に行かれました。(2017.8.20)

広島原爆資料館への報告書です

カンナ・プロジェクトから寄贈したカンナの写真パネルです。
脇のプレートに説明書きが添えられています。
プレートの説明はこちらです。
2017年8月30日72年ぶりに当時の自分に再会できて嬉しいかんなちゃんでした。お目目がうるうるしていました。

須坂市まちづくり課 課長・係長・メセナホール局長さんに報告しました。

広島原爆資料館への報告書の詳細はこちらです↓
「カンナの写真の救出劇」報告書その12017.8.31

須坂への報告書の詳細はこちらです↓
カンナのパネル救出劇の最終報告2017.8.30

この記事が須坂新聞に掲載されました。
http://www.suzaka.ne.jp/news/?subaction=showfull&id=1499464809&archive=

 

..

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

2017年8月5~8日@広島

「せこへい美術館×Peace Art Project in ひろしま」、「原爆資料館館長報告表敬訪問」、「2017夏、広島カンナ大使校ご挨拶」

(アメブロでご報告)

.

.

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

2017 カンナリレー
@北海道旭川

カンナ・プロジェクト北海道旭川6月27日〜30日学校・施設・市役所など回り講演・植栽します。
28日は「カンナ子ども夢プラン」実現のための報告会。 詳細は下記をお読み下さい。

.

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

カンナ・プロジェクトのロゴマーク
ができました

.

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

DIARY ページができました

カンナ・プロジェクトのHPは記録として残すためのものでしたが、これからはタイムリーにDIARYとしての投稿もしていこうと思います。ぜひお読みいただけたら幸いです。

.

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

新聞記事

2017年5月27日 須坂新聞
東京五輪を平和の花カンナで飾ろう 橘凛保さんと日野小児童が須坂で球根植える

2017年5月22日 信濃毎日新聞 
東京五輪に平和の花を 須坂の国道沿い カンナ植栽 日野小児童参加

.

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

2017 カンナリレー
@広島

カンナ・プロジェクト広島5月26日〜30日学校など回り講演・植栽します。
29日はカンナ次世代プロジェクト「カンナ子ども夢プラン」実現のための里親制度の説明会と球根の受け渡し&報告会。 詳細は下記をお読み下さい。

.

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

参加者募集
詳細は下記をお読み下さい

カンナ次世代プロジェクト「カンナ子ども夢プラン」実現のための里親制度の説明会と球根の受け渡し&報告会@広島
2017年5月29日(月)19時〜20時半

.

.
「カンナ・プロジェクト」のFBで言えないエピソード報告会
①カンナリレーの奇跡の行方
②『カンナ子ども夢プラン』の壮大な子どもたちの取り組み
③カンナ里親制度の説明
④カンナ球根の受け渡し
 .
子どもたちの夢プラン、一つ目は「アメリカに植えたい!」でした。これは2013年8月叶えました。
もう一つの夢は2020年、東京オリパラにカンナを咲かせて選手を応援しよう!10万株育てるぞ!!
大人も一緒に夢を実現させてみませんか?
 .
◆会場:広島市三篠(みささ)公民館 研修室2
◆住所:広島市西区打越町10番23号
アクセス:JR横川駅北口から徒歩3分
◆時間:報告会は19:00〜20:30予定
 .
ただし、橘 凜保は16:30〜21:30まで現地にいますのでカンナの里親球根受渡しを含めタイミング合いましたらぜひお越しください。(里親募集された方は準備の都合がありますのでひとことご連絡をお願いします。)
.
.

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

カンナリレー@須坂~福島 の報告

2017年5月21日 カンナリレー@須坂
初めてのクラウドファンディングによるカンナ・プロジェクト。今まで寄付を呼びかける勇気・度胸がなく自費のひとりでできる範囲でしたので、学校を中心のカンナ講演&カンナリレーでした。2013年に広島段原小学校で生まれた「カンナ子ども夢プラン」東京オリパラで世界にもバトンしたカンナを咲かせたい!を叶えるために高校生を育てました。3年の時が過ぎ大学生となった2016年春「カンナ・プロジェクト次世代プロジェクト」を立ち上げました。「私たちが小学生の夢を実現させよう!」お姉さんたちが立ち上がってくれました。それがこのクラウドファンディングによるイベントです。その第1回が21日12時から1530まで長野県須坂市梨の木地域の皆様のご賛同ご協力のもと、その地域の学校、保育園児童の任意参加で行われました。まず梨の木カンナ街道への植栽。場所を、公民館に移してのイベントでした。
.
植栽には、昨日奇跡的再会をした元校長会の会長の宮下先生、昨年生涯学習センターの講演会を企画して下さいましたPTA会長さん、市長の奥様もご参加下さり、日野小学校に呼びかけた児童とその保護者、校長先生、教頭先生、保育園児とその保護者、東京からのカンナ・プロジェクト次世代プロジェクトの子どもたち保護者他、総勢100人をうわまわるみなさまのご参加で行うことができました。ありがとうございました。かんなちゃんも来てくれました。
.
公民館では、真夏日となったこの日、鉄板でバーベキューを焼いて待っていて下さったみなさま、本当にありがとうございました。太鼓の会のみなさん、日野小学校児童保護者のみなさん、梨の木地域のみなさん、校長先生、教頭先生、まちづくり課長、係長、昨年講演を企画して下さったPTA会長、カンナ・プロジェクトからは次世代のリーダーたち、その保護者、かんなちゃんのバンドのみなさん、福島カンナをずっと管理してくださるカンナ大使さん、インドのカンナ大使さんもも参加しました。かんなちゃんの歌とダンスを作って下さったバンドのみなさんも駆けつけてくださりみんなで踊りました。びっくり、かんなちゃんがまたまた来てくれました*\(^o^)/*新聞記者のみなさまもたくさん取材して下さいました。最後は須坂の子どもたちカンナ・プロジェクト次世代の子どもたちが皆で手をつなぎ、「須坂の国」という歌を皆で歌いました。みなさま、本当にありがとうございました。この報告をクラウドファンディングの寄付して下さった方々にいたします。
.
これからも東京オリパラに向けて、10万株やりましょう!の梨の木の中島会長の力強い握手でイベントを結びました。感謝感謝の初次世代プロジェクトでした。



2017年5月23日 カンナリレー@福島
カンナ・プロジェクト福島4校周り「カンナ子ども夢プラン」構想を話しました。大賛成をいただき、カンナバンク登録もいただきました。実現への拍車が掛かりました。頑張ります。26日からの広島に報告します(*^o^*)

カンナ・プロジェクト福島、今日も嬉しい出逢いを頂きました。2020年のカンナ子ども夢プランに地域の花の会の会長さん方がご賛同下さいました。即決ですぐに植える場所の段取りまでして下さいました。福島かんな・バンク登録です。大人たちも頑張ります。

.

.

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

「署名のおかげで・・・ご報告」

.
わずか2ヶ月で3135人の署名、114名のメッセージを届けたおかげです。署名してくださった皆様、メッセージ下さった皆様本当にありがとうほざいました。そしてさらに嬉しいご報告がございます。その時に「カンナの写真パネルについても良い方向で考えてみます」のお言葉をいただきましたが、下記のような写真として暫定的ではありますが2018年の本館オープンまで展示されるそうです。どうぞ、皆様お出かけください。現在入館は午後6時まで、入館料は200円です。

あの《焦土に咲いたカンナの花》写真パネルは
ふたまわり小さいですが、
東館1階無料展示コーナーにあります。
デジタル閲覧は有料東館2階の二つ目の
デジタルコーナーにあります。
タッチパネルでスマホのように扱える身近さは若者向きかもしれません。多くの若い方々に見ていただけると確信します。
全てに感謝いたします。

.

.

.

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

いよいよ「カンナ子ども夢プラン」始動します

2017年5月
※ 20、21日須坂。
※ 21夜から22日福島。
※ 26日〜30日広島にカンナ・プロジェクトに参ります。
いよいよ「カンナ子ども夢プラン」始動します。

.

.

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

広島原爆資料館のカンナの写真の行方

(2017年4月更新)

.

2014年11月7日2643 名分の署名、109人のメッセージを添えて手渡した結果、後日「デジタル化して残します」と約束してくださいました。とみなさまにご報告しました。あれから2年半、いよいよ本館の工事が始まりました。
.
このカンナの写真を巡っての緊迫した数日間の記録をブログに書いています。

ぜひお読みください。
.
結論としては、デジタル化とともにさらに嬉しいご報告ができます。

カンナの写真のパネルが小さくはなりましたが残りました。

これもみなさまの署名・メッセージのおかげです。ありがとうございました。
さらに2015年2016年と子どもたちの作文にカンナのことがよく書かれていること。2016年8月6日の朝日新聞社の号外特別版でカンナの特集が組まれたこともその一因と考えられます。

みなさまに朗報としてご報告できることが嬉しいです。
ぜひブログを読んでくださるとその様子が伝わると思います。

26日から広島に参ります。実際に見てまいります。

2017-04 - 白黒カンナの写真広島

原爆資料館のカンナの写真の行方①
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12269333810.html
原爆資料館のカンナの写真の行方②
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12269351933.html
原爆資料館のカンナの写真の行方③
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12269366887.html
原爆資料館のカンナの写真の行方④
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12270260193.html

.

.

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

丘の上の白いポスト
(作 たちばな りほ)

カンナ・プロジェクトの実践の一つ、東北カンナ・プロジェクトから生まれた物語です。2013年白い丸い昔ながらのポストを見つけた瞬間に、それまでの思いがこの作品という形で一瞬で書き上げられました。実は2014年、次世代の学生が絵をつけました。柔らかい優しい絵です。友人がビデオにしてくれていたことが昨日わかりました。こうして気持ちを分かち合っていくことがカンナ・プロジェクトなんです。今日、友人がユーチューブにしてくださいました。

一瞬で書き上げたその日から4年・・。2011年からの思いが今ここに流れます。(音無し絵本)

https://youtu.be/MHSkMIdmDp4

24 - 丘の上の白いポスト (作 たちばなりほ)

【物語の全文】

丘の上の白いポスト       (作 たちばなりほ)

ある日 

ある町の丘の上に
真っ白なポストが建てられました
まあるい むかしながらのポストです
この町にはたくさんのポストがあります
みんなまっかなポストです

真っ白なポストは ここに ただひとつです

この丘には 
親を亡くした子どもたちが住んでいます家
このポストは 天国に手紙の届く魔法のポストでした

子どもたちは 悲しくなると
天国のお父さんやお母さんに 手紙を書きます

そして 
白いポストに入れます
「天国に届きますように・・・・」

ある春の日
ツバメがやって来て
このポストのひさしに 巣を作りました

珍しい真っ白なポストに
ツバメは ポストだとは気づかず
巣をつくり 
そして かわいい雛が生まれました

丘の上の子どもたちは
ツバメの赤ちゃんが生まれたことに
おおよろこびです

「かわいいね たくさん食べて大きくなってね!」
とかわるがわるに のぞいています

でも 少しだけ困ったことがありました
「天国のお父さんに手紙を送れない・・・」
「天国のお母さんに手紙を送れない・・・」

みんなの手には 手紙がありました

ツバメは
「ごめんなさい これはみんなの大切な天国へのポストだったんだね」
といいました

子どもたちは
「いいよ いいよ  だいじょうぶ だいじょうぶ」
といいました
でも
その顔は少し寂しそうでした

ツバメは
子どもたちの手から 次々に手紙をくわえると
「ごめんね  お詫びに 僕が天国に届けてあげるね」
そう言うと 高く 高く 飛んでいきました

その日 ツバメは 帰ってきませんでした
次の日も 次の日も・・・・・

子どもたちは
ツバメの赤ちゃんに 毎日えさをやりました

ある日 巣立ちの日がやってきました

ツバメの子どもたちは 
一羽 また 一羽と
巣から飛び立っていきました

子どもたちは いつまでも いつまでも
大きく手を振って
いつまでも いつまでも 見送りました

今 真っ白なポストに手紙はありません
真っ白なポストは
毎日毎日 子どもたちにピッカピカに 磨かれて
お陽様の光に照らされて 輝いています

また 来年 あのツバメたちが帰って来れるように
ピッカピカに磨いています

天国のお父さんやお母さん 
そしてあの日のツバメさんが
遠いお空の上からよ~く見えるように・・・・ピッカピカに

今朝FBで見つけた白いポストで浮かんだ物語です

http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-11489429670.html

.

.

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

カンナ・バンク登録者(無料)募集
「未来の地球につなぐ真っ赤なカンナの球根10万株を育てよう!」

3月23日~4月6日

cover-photo-34-%e9%9d%9e%e5%96%b6%e5%88%a9%e4%bb%bb%e6%84%8f%e5%9b%a3%e4%bd%93-%e8%a4%87%e8%a3%bd

カンナ・バンク登録(無料)要綱
カンナ・プロジェクトで世界にもバトンをつないでいる(実績13カ国)カンナを東京オリ・パラに咲かせたいという「カンナ子ども夢プラン」を実現させるために大学生・高校生が子供達の夢の実現に挑戦します。2020年までに10万株増やします。ぜひ、この挑戦に参加して。一緒に夢を実現させましょう!
1カンナ・バンクに登録する
2広島で咲かせたカンナ・P公認のカンナの球根を受け取る。
3自宅で植栽。花が咲くまで最低3回写真を撮りカンナ・Pに送る
①預かりの球根の写真②葉が出た写真③花が咲いた写真(条件)
4翌年増えた球根をカンナ・Pに送る。カンナ大使称号が贈られる
(一株は自分でそのまま咲かせることも可)
5カンナ子ども夢プランが実現したら皆さんが育てたカンナが
東京五輪で咲きます。(ただいま実現に向けて進行中)

申請方法:以下に記入し、FAXまたはメールに添付してお送り下さい
申請先: FAX 03-6718-4711 メール riho.tachibana@gmail.com
宛 先: 非営利任意団体カンナ・プロジェクト
①カンナ・バンクに参加の方は写真をプリントアウトして写真撮りメッセージに送ってくださいますようにお願い致します。
②広島の方は里親登録の写真にて登録お願いします。

③興味ありの皆様にもカンナ・プロジェクト応援団になってくださいませ。これからもお知らせやご報告を送らせていただくことができます。コクチーズにてお知らせしますので、参加を押してくださいませ。どうぞお願い致します。
https://www.facebook.com/events/769778103189580/

申請書 - 1

申請書 - 2

申請書 - 3

 

~~~~~~~~~~

2017-05-21 - event details 1

2017-05-21 - event details 2

29 - たのしみにしています

.

.

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

2017.3.11
震災から6年

震災から6年
橘 先生
おはようございます。
いつもお気遣い頂きありがとうございます。
おかげ様でカンナが縁となって広島に招か
れた息子も高校1年でヤンチャ坊主してます
けど(苦笑)
広島の思い出を話す時だけは真面目に聞かせ
てくれますよ。
あれから6年されどまだ6年なんですねぇ・・・

2011年カンナをバトンした大谷地小学校5年生の男の子のお父様より

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あの時一緒にカンナを植え広島で資料館を見学した
東北被災地の男の子が
もう高校1年生で6年目の3.11を迎えるのですね
この4月には高校2年生・・・
きっと道ですれ違っただけなら気付かないくらい
大人っぽくなっているのでしょうねウインクキラキラ
6年・・・・
6年前の震災の時
「東北にもカンナを咲かせたいのだけれど」と
カンナ大使の子どもたちに相談するとすぐさま同意してくれて
カンナを東北の小中学校に届けました
その中の1校とはその後広島青年会議所のおかげで
広島で球根を提供してくれた学校の1つ
己斐小学校との交流をさせていただきました
長くなるのでここには書きませんが
この経緯がまた不思議な奇跡でしたびっくり
この時 東北から広島に来てくれた6年生のご家族の方が
その後数年して偶然にもブログで私を見つけてくださり
コメントをいただきつながることができました
ブログってこんな嬉しいことがあるのですねニコニコ
そしてつい最近 冒頭のコメントのやりとりがあり
ここにお借りいたしました

もう6年であり まだ6年でもあり
いろいろなことがあり
いろいろな思いがありますね・・・
この子の卒業した学校とは本当に不思議なご縁がありました
2011年5月に被災地を訪れた際
ある小学校の教頭先生との出会いから
64校にカンナをバトンすることになりました
そんな時 広島のRCCラジオのパーソナリティのY氏から
お電話がありました
「東北に取材に行きたいのですが、どこか取材に応じていただける学校がありましたら同行させてください。」
取材の申し込みでした
いつも突然なので十分な準備や連絡ができず
取材の候補の学校に直接連絡できないまま
中に入ってくださった あの最初に出あった教頭先生とのやりとりだけで出かけました
出かけてみるとちゃんと伝わっていないことがわかりました叫び
・・・・・・・
取材のRCCの方々も一緒でしたから叫び
ところが校長先生は瞬時のご判断で取材を承諾してくださいました
カンナ・プロジェクトの講演と植栽が急遽行われましたびっくり
まさか・・まさか・・・の出来事でした
この手違いからの一瞬の出来事が
1年後の不思議な引き合わせへと繋がっていくのでした照れルンルン
2012年の広島にご招待の後いただいたその校長先生のメールには
「自分が校長になったのも、ここにつながるためだったのです(詳細略)」
と・・・・
本当に不思議なご縁を感じないでいられませんでした
「出あいは必然。そしてその時は一瞬たりとも早からず遅からず・・・」
その校長先生からはあの奇跡の取材以来メールをいただいていました
夏には「カンナが咲きましたウインク」とニコニコキラキラ
10月の半ばの校長先生からのメールには胸が詰まりましたショボーン
「10月になってボランティアも少なくなりました。取材の人たちも減りました。忘れられていくのでしょうね・・・。カンナも枯れて寂しくなりました。」
「忘れてなんかいません!!」
そうお返事を書きました
『この気持ちをなんとか形にして伝えしなくては・・・』
そう思いました
花が咲くことを「花笑み」と言います
カンナの花笑みが枯れてしまったなら
『カンナに替えて人の笑顔を届けよう』
「先生、忘れてなんかいませんよ。みんな心配しています。花が咲くことを花笑みと言います。カンナが枯れたのなら、カンナの花笑みに替えて、今度は人の笑顔を1000人届けます。1000人、私も頑張りますから頑張ってください!!」
当時は「頑張って」の言葉にみんな敏感になりすぎていて
「頑張って」が言えませんでした
だから「私も頑張るから頑張ってください」
そうとしか言えなかったのです・・・ショボーン
1000人叫び正直自信はありませんでした
知人にさえもなかなかタイミングがあわないと言い出せないものです
一人目(同時に2人)は短大の授業の日でした
忘れもしない2011年10月20日
講師室で看護科の教授と学生の談笑があまりにも爽やかで
思わず「その笑顔東北にくださいませんか?」
これがカンナスマイルのはじめの一歩でしたニコニコラブラブ
そこからは勇気を出して1000人頑張りました
3週間でした 11月10日1000人目虹
これがまた短大の私の教え子でしたウインク
彼女は脳腫瘍の手術に成功して久しぶりの登校でした
そんな時のカンナスマイルもまた不思議なご縁です
しかし この写真とブログの編集や印刷が本当大変な作業でした
それでもなんとか雪が降る前に被災地の皆さんに届けたい一心でした
1枚ずつ印刷してはハサミで切りぬき
切り抜いてノリで貼りつけして並べたものです
パソコンで作成するような技術が全くなかったので本当に大変でした
それでも被災地の人達のご苦労を思えばこそできたものでした
1000カンナスマイルを被災地11カ所に届けました
12月3日の仕事から帰宅して夜中出発ギリギリまで
この11枚のカラーコピーを1枚ずつコンビニでとりました
11セット間に合いました
6時間かけて真夜中の道を走り仙台に着いたのは朝でした車
懐かしい皆様と再会しながら
また新たな出あいもいただいて11カ所届けました
もちろんその校長先生の所へも届けましたプレゼント
(この話は長くなりますので過去のブログをお読みいただけたらと思います)
寝ないで走り続け仙台〜鶴巻〜石巻〜気仙沼〜大船渡〜大槌と
11カ所・・・この旅は生涯忘れられない旅となりました
気仙沼にしか宿が取れずフェリーで渡るにも
フェリー乗り場も見つからず
それでもなんとか間に合いようやく寝ることができました
翌朝は早朝から出発 その夜も寝ないで走り続け
帰宅は12月6日の朝でした車
「眠眠打破」という眠気覚しのドリンクももはや効かず
睡魔との戦いでした叫び車えーん
1000カンナスマイルをお届けしたら終えるつもりでした
ところが・・・
お届けした先々で「私たちもお礼の笑顔参加したいニコニコ」
そんな風に言ってくださり
カンナスマイルは1000を超え続けることになったのです
これが正直本当に大変でした
「東北を忘れないのカンナスマイルください!」
被災地の皆様に比べたら これくらいのこと・・・
そしてまた「もちろん!」と
笑顔で頑張りポーズをしてくださる方々
人間って捨てたものではない
世の中って捨てたものではない
言葉は悪いですが「人間って素晴らしい」
では表せないものを感じたのでした
一番大変だったのは写真をパソコンに落とし込み
ブログに添付する作業でした
このカンナスマイルのためにアメブロやFBを始めました
本当に操作がわからず何度もなんども消えてしまったり
UPできなかったり・・・
仕事の合間の徹夜での作業となりました
毎日のように寝ないで作業をしました
と言うよりつい最近までこの作業は続き
昨年10月に10000カンナスマイルを超えました
1000カンナスマイル以来1000ごとに被災地に届けてきました
初年の2011年冬〜の1年間で4000人の笑顔を届けました
徹夜での作業 運動する時間もなくなりパソコンとの格闘のストレスで
代謝が悪くなり1年で12kgの激太り
太りたいとは思ったことはあってもなかなか太れない体質が・・・
わずか1年で12kgも増えました
そしてがんにもなり・・・
本当にこのカンナスマイルには様々なことが刻まれました
この小さなの中に今は
10000人を超える人の笑顔が詰められています
10000人を超える人の優しさが込められています
10000人を超える人の「頑張れ!」が込められています
10000人を超える人の笑顔の中には被災した方々の笑顔もあります
10000人を超える人の笑顔は東北だけではなく熊本にも向けられました
10000人を超える人の最後の日は鳥取の地震の直後でした
東北だけではなく熊本も鳥取も
そして地震だけでなく洪水への祈りも込められました
そして災害だけでなく人々が穏やかに暮らせますようにの祈りを込めて
めぐりめぐって本来のカンナ・プロジェクトの目指すところに戻りました
今日3.11に改めて祈ります
10000人を超えるそんな人たちの祈りを込めて
東北の被災地の皆様に
そして失われた尊い命に
今日ここに祈ります

10000-canna-smiles-%e6%a9%98%e7%94%a8%e8%a6%8b%e6%9c%ac-with-r-mark

.

.

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

カンナ・プロジェクト@インド
(アメブロでご報告)

カンナの次世代育て
インドカンナ・P 事の始まり
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12246162940.html

インドカンナ・プロジェクト1日目
ンナ・プロジェクト@インド 空港から街中の様子 
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12246182913.html

インドカンナ・プロジェクト式典にて講演
カンナ・プロジェクト@インド2日目 共和国記念日講演
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12246189095.html

インドカンナ・プロジェクト3日目
カンナ・プロジェクト@インド3日目 2校目CITY MONTESSORI
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12246253762.html

インドカンナ・プロジェクト4日目
カンナ・プロジェクト@インド4日目 UNITY COLLEGE
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12246292398.html

インドカンナ・プロジェクト4日目
カンナ・プロジェクト@インド4日目その2校内見学
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12246306930.html

インドカンナ・プロジェクト5日目
カンナ・プロジェクト@インド5日目施設での植栽
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12246334029.html

成田〜インディラ・ガンジー〜ラクノウ
カンナP+インドの旅日記Vol.1 成田から出発!!
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12246521845.html

インドの交通事情から
カンナ・P+インドの旅日記Vol.2交通事情
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12247020765.html

1月24日インドLUCKNOWでの日常
カンナ・P+インド旅日記Vol.3 インドの暮らし
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12247052786.html

1月26日カンナ・P1校目終了 2日目27日未明の断水停電
カンナ・プロジェクト+インド旅日記Vol.4 断水 停電!!
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12247078091.html

1月26日インド共和国記念日の夕方 インド観光
カンナ・P+インド旅日記Vol.5 観光と物価
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12247254861.html

1月24〜30利用したインドの乗り物
カンナ・P+インド旅日記Vol.6インドの乗り物
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12247563794.html

インドのお買い物
カンナ・P+インド旅日記Vol.7 インドの買い物
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12247614813.html

インドの遊び
カンナ・P+インド旅日記Vol.8 インドでの遊び
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12247632395.html

インドの祈り
カンナ・P+インド旅日記Vol.9 インドの祈り
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12247763989.html

インド日本文化交流Vol.1
カンナ・P+日本文化授業Vol.1 JAGRAN PUBLIC SCHOOL
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12247791578.html

インド日本文化交流Vol.2
カンナ・P+日本文化授業Vol.2 UNITY COLLEGE
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12247803882.html

インド日本文化交流Vol.3
カンナ・P+日本文化授業Vol.3 ORPHANAGE
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12247860771.html

ありがとうございました
カンナ・P+感謝 1
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12247871370.html

次世代インドリーダー
カンナ・P+感謝2
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12247873610.html

Thank you so much  Sir. and  Mam.
カンナ・P+感謝3
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12247875321.html

ありがとうございました
カンナ・p+感謝4 インドカンナ大使さん
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12247877947.html

CITY MONTESSORI SCHOOL
インドから報告 1
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12247888859.html

ORPHANAGE
インドから報告 2
http://ameblo.jp/tachibanariho/entry-12247889514.html

.

.

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

2017年1月24日から31まで
インドにカンナのバトンをつなぎます

1月26日の共和国記念式典にて講演・植栽 他

JAGRAN PUBLIC SCHOOL

CITY MONTESSORI SCHOOL

ORPHANAGE(施設)

UNITY COLLEGE

【ご報告】
インドの新聞に取り上げられていました。と連絡頂きました。ありがたいですね。

2017-01 - India Newspaper - 12017-01 - India Newspaper - 2

.

.

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

あけましておめでとうございます

.

3が日も終わりますが、皆様はよいお正月をお迎えと存じます。
かんなちゃんもお箸のマナーを学んでお節料理を美味しくいただきました。
本年も1945年に原爆にも負けないで1ヶ月で咲いてくれた
かんなちゃんをよろしくお願いいたします。
https://www.youtube.com/watch?v=QCK08aQEBvo&feature=youtu.be

M4 - マナーBOOK.

.

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

This Homepage is produced by Canna Project World Supporting Team HK.

QR Code - Canna Project

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~